ラクトフェリンとは

ラクトフェリンとは

ラクトフェリンってどんなものなのでしょうか。私たちの生活の中では、あまり聞き慣れない言葉ですよね。ラクトフェリンは1939年にデンマークの科学者によって発見された成分です。

 

正式成分名はラクト=ミルク・フェリン=鉄、に由来して名付けられたと言われています。鉄と結合しやすい特性から、赤みがかった色をしているために「牛乳の赤いたんぱく質」とも
呼ばれていました。

 

私たち人間を含む哺乳類の乳や、唾液・涙・血液(白血球)のほか、牛の乳(生乳)にも含まれていますが、中でも最も多いとされているのが人の出産直後の乳なんですよ。その濃度は牛の初乳の10倍もあり、母乳中のたんぱく質の約10〜30%(1リットルあたり8g)を占めるほど豊富なんです。

 

ちなみに唾液のラクトフェリン濃度は、加齢により徐々に低下してしまうのです。ラクトフェリンが出産直後の乳に多いと言われても、出産直後の乳を飲むことなんて簡単に出来ることではありませんよね。

 

また加齢とともに体内のラクトフェリンは減ってしまうのですから、外からしっかりと補わなくてはならないのです。このラクトフェリンは、発見当初は抗菌成分として赤ちゃんを助けるための成分として注目をされていました。

 

しかし近年では、生活習慣にかかわる健康成分として様々な働きが見出され、健康補助成分として世界中の学者が大きな期待を寄せている成分なんです。多機能たんぱく質ラクトフェリンが安全だというのは、このようなことも大きく関係しているのかもしれませんね。


このページの先頭へ戻る