ラクトフェリンの弱点

ラクトフェリンの弱点

ラクトフェリンが様々な部分で効果的に働いてくれる多機能たんぱく質だという事はわかっていただけたかと思います。

 

だからラクトフェリンを摂取しようかと、牛乳を飲めば良いとおもう方もいるかもしれませんが、残念なことに店頭に並ぶ牛乳には、ラクトフェリンはほとんど存在しないんです。それはラクトフェリンが熱に弱いために、なんらかの加熱処理をしてしまうと死滅してしまうからなんです。

 

では加熱処理をしていないナチュラルチーズのような乳製品ならば大丈夫かと思いますが、ラクトフェリンは胃の中にある酸やたんぱく質分解酵素によって分解されてしまい、ラクトフェリンの効果が全くなくなってしまいます。ではどうして赤ちゃんはラクトフェリンの恩恵を受けることができるのでしょうか。

 

それは赤ちゃんは胃が未熟なために胃酸やペプシンが出ないため、ラクトフェリンそのままのカタチで小腸に到達することが出来るからなんですよ。ただ加熱処理をしていない乳製品の全てのラクトフェリンが死滅してしまうわけではありません。

 

ごく少量ではありますが、小腸まで到達するラクトフェリンも数は少ないですが、ちゃんと小腸に届くことが出来ます。しかしそんなな乳製品ばかりを食べるわけにはいきませんよね。そこでおすすめなのが、ライオンのラクトフェリンです。

 

ライオンのラクトフェリンは、しっかりと小腸までに届けることができます。ですからお腹にしっかりと働きかけてスッキリを実感することが出来るんです。ライオンのラクトフェリンを飲んで、しっかりと腸まで届けてくださいね。


このページの先頭へ戻る